緑内障

緑内障

40歳を超えたら緑内障にご注意ください。
年に一度の検査をおすすめします。
目のCTスキャン・MRIともいえるOCT検査を導入。緑内障は、視神経に異常が起こり視野(見える範囲)や視力に障害を起こす病気です。
眼圧が正常でも視神経が圧力に耐えられなくなるときに起きます。
緑内障の中でも日本人の約6割が眼圧が正常である正常眼圧緑内障と言われています。 そして、40歳以上の日本人の20人に1人、また、70歳以上では8人に1人が、緑内障にかかっていると最近の調査で判明しました。

緑内障の症状

緑内障の症状

大多数の緑内障は、初期段階では、自覚症状は全くありません。なぜなら、視神経の障害はゆっくりとおこり、視野(見える範囲)も少しずつ狭くなっていくためです。

当院では、コンタクトレンズの処方、花粉症や白内障など違う理由で来院された方に見つかることがほとんどです。

いったん障害された視神経の回復は不可能なため、早期に発見し、それ以上悪化させないことが大切です。また、緑内障の中には急激に眼圧が上昇し、目の痛みや頭痛、吐き気、かすみなど激しい症状をおこす急性緑内障もあり、その場合、失明の可能性があるため早急に治療が必要です。

緑内障の検査

緑内障は、OCT検査、眼圧検査、眼底検査、視野検査などで診断されます。

OCT検査
眼のCT・MRIともいえるOCT(Optical Coherence Tomography:光干渉断層計)を導入しました。この検査によって、わずかな変化さえ検出できるようなり、緑内障や網膜の病気の診断、治療方針が速やかに判断できるようになりました。
眼圧検査
直接、目に測定器具をあてて測定する方法と、目に空気をあてて測定する方法があります。眼圧が緑内障の進行に影響するため、緑内障治療のコントロールの指標に使用します。
眼底検査
視神経の状態を確認します。視神経が障害されている場合、視神経乳頭の陥凹(くぼみ)が正常に比べて大きくなります(視神経乳頭陥凹拡大)。
視野検査
視野の欠損(見えない範囲)の有無や大きさから緑内障の進行の程度を判定します。

緑内障の治療

緑内障の進行は非常に緩やかですが、自覚症状がほとんどないため、定期的に眼科を受診することがとても重要です。

緑内障は眼圧を低く抑え込むことにより、その進行を非常に緩やかにしたり、場合によっては停止できることがわかっています。眼圧を下げる治療法としては以下のようなものがあります。

【点眼薬】
もっとも一般的な治療法です。生涯にわたって点眼を続ける必要があります。また時に、副作用が原因で使用できない場合があります。

【レーザ治療】
症状によってはレーザ治療が有効となります。

SLT(選択的レーザ治療)のご案内

お電話でのお問い合わせ

0120-049-146
レーシック
オルソケラトロジー

松原クリニック

〒171-0022
東京都豊島区南池袋2-26-6
島倉ビル7F
TEL:0120-049-146
FAX:03-5391-9070

診療時間

月~土/11:00~19:00
日・祝/12:30~17:30